北欧料理リラ・ダーラナ

ご予約・ケータリングのお問い合わせ:03-3478-4690
Yahoo!予約で予約する
  • アクセス
  • サイトマップ
  • トップページ
  • お問合わせ

こだわりの佇まい

店内に無造作に置かれたレトロな雑貨茅葺屋根と朱色の木馬。建物の中はコーヒーの良い香りと囲炉裏の煙が独特の雰囲気を作り出しています。ここ南郷は、春にはたくさんの花が咲きほこり、夏には川のせせらぎと満天の星、秋には真白な蕎麦の花と黄金の稲穂じゅうたん、冬には埋もれるほどの雪の中にキャンドルが転々と灯り、幻想的な雰囲気を作り出します。

ゲストハウスダーラナへのお問い合わせ
TEL:0241-72-2838

寝室のご紹介

抑え目の照明のなか、壁にはリボンの飾りつけが描かれています ゲストハウス・ダーラナの寝室のなかから一室を紹介したいと思います。2階の洋室、ルームNo.2の入り口にはCarl Larsson's rumと描かれています。このCarl Larssonというのはスウェーデン・ダーラナ地方出身の世界的に有名な画家の名前なのです。彼はダーラナ地方にある自分の家と家族をモチーフにたくさんの絵画を描いた人物です。右上部分、黄色の文字でCarl Larsson's rumと描かれています。

日本家屋である曲屋本来の姿を活かした寝室もございます 寝室に入ると、まるで子供部屋のようなベッドが2つ並んでいます。そして壁には直接描かれたリボンを模したダーラモールニングが部屋のあちらこちらにちりばめられています。実はCarl Larssonの部屋がまさにこの部屋で再現されているのです。彼の家も同様に描かれたリボンで家のいたるところが装飾されています。リボンで装飾された壁は部屋をぐるりと一周しています。

ダーラナ地方の一軒家に泊まる感覚をここで味わえるのではないでしょうか。彼の家を訪れたことのある方であれば、きっとさらに嬉しい気持ちになれるはずでしょう。まるで子供部屋のベッドが2つ並んでいるような寝室。その他にも2段ベッドの部屋など、どの部屋もダーラナらしく、そして遊び心に満ちたとても暖かみを感じさせてくれる部屋になっております。

囲炉裏の存在

火をともすと炭火の香りが部屋を包みます 国道を車で走ると見えてくる、玄関前に置かれた朱色の木馬。茅葺屋根の日本家屋とスウェーデンの伝統的な木馬の姿は不思議と同調し、周辺の雰囲気を損なうことなく独特の印象を与えてくれます。ゲストハウス・ダーラナは、旧南郷村の静かなたたずまいのなかにあるレストラン&ペンションです。約150年前の日本家屋を一部改築して、伝統的なスウェーデンの民家をよみがえらせました。

隣室には囲炉裏とは一転して、洋風な会議室が用意されています ゲストハウス・ダーラナの中心には古くからの形を残したままの囲炉裏があります。レストランが「スウェーデン」ならば、それとは全く別の世界「伝統的な日本」が存在しているのです。家の中心に囲炉裏は位置しています。食事の後にはその囲炉裏の周りに集まり、火の暖かさを感じ、茅葺屋根に煙が吸い込まれていく様子を見つめながら、家族や友人、恋人と談笑するのは何にも代え難い思い出になることでしょう。

はるか昔から「人の集まる場所」として使われていた囲炉裏を残したい、という強い思いから、改築の際には囲炉裏と家の大部分が残りました。この囲炉裏は、150年の時を越えて、今もなお人々の憩いの場所になっているのです。

ページの先頭へ